食、健康、美容、スポーツ 栄養士の可能性を広げる もっと活躍できる自分になる 自分のスタイルを見つけよう

代表挨拶

このサロンにかける想い

僕の夢は「栄養士をカッコいい職業にする」ことです。

それは、いろんなところで栄養士の資格を持った人がイキイキと仕事をして世の中に役に立ち、

子どもが「僕のお母さん栄養士なんだよ〜」というと他の子たちが「スゴ〜い〜〜!」というような世界です。

しかし現状は、

「栄養士という資格を持ちながら、その価値を十分に発揮できないまま仕事をしている」

「連休をとることができず、旅行にすら自由に行くことができない」

「長時間の勤務にもかかわらず、一般的なサラリーマンよりも低い収入で生活している」

そんな栄養士さんが多いのが実際です。

人々の幸福を”食”という手段をもって実現させていく。

そんな素敵な仕事であるはずの栄養士は、まだその可能性を発揮できずにいます。

フリーランスという働き方は、時間や場所に縛られず、自分の好きな人と仕事ができ、

そして何よりも、自分の好きなことで世の中に役に立つことができる働き方です。

自分に実力をつけて、自立して仕事をする。

そんな強い栄養士が増えれば、もっと栄養士という職業が輝くのではないか。

栄養士が真の力を発揮できる世の中になれば、

食に関する問題を多く抱える日本も、もっと良い国になるはず。

フリーランスで仕事ができる力のある栄養士を増やしたい。

それがこのサロンを立ち上げるに至った僕の想いです。

1年半病院栄養士として働き、2013年に独立

僕は、2011年に病院栄養士として新卒で就職をしました。

その後、1年半というスピードで2013年に独立

今年の4月でフリーランス歴6年目になりました。

これまでに雑誌やテレビへの出演、海外での講演や映画のトークショーなど

独立した当時は考えられなかったお仕事をいろいろとやらせていただきました。

現在も、ブログからさまざまなお仕事の依頼が舞い込むというとてもありがたい状況にあります。

フリーランスとして仕事をしていて感じるのは、

世の中の栄養士への需要は確実に高まっている」ということです。

世の中の健康志向の高まりと、日本が抱えるさまざまな食の問題。

栄養士に助けを求める人が増え、活躍の場もどんどん広がりつつあります。

いまだかつてないぐらい、栄養士がフリーランスになりやすい時代になっていると言えます。

しかし、とは言っても「何から始めていいのかわからない」と困っている栄養士さんも多いです。

それもそのはず。これまで栄養に関する専門的な事柄は勉強してきていますが、

“ビジネス”に関する勉強は一切してこなかったからです。

いくら栄養士として優秀な能力を兼ね備えていても、

フリーランスで仕事をするにはそれだけでは十分ではありません。

「ビジネス力」が必要なのです。

僕がサラリーマン生活1年半で独立できて、フリーランスで5年以上お仕事ができているのも、

これまでに徹底してビジネス力を鍛えてきたからです。

敏腕な経営者のもとでカバン持ちをしたり、優秀なコンサルタントのもとでコンサルを受けたり、

これまでに自己投資に費やした金額は500万円以上。

フリーランス6年目を迎えるにあたって、自分だけが活動をするのではなく、

他にもフリーランスとして活躍できる人を作りたい。

そんな想いから、この塾では

フリーランスとして仕事をするために必要な6つのビジネス力を核に

栄養士の独立をあらゆる方面からサポートします。

一緒に、”カッコいい”栄養士を目指しませんか?

PAGETOP
Copyright © 自分スタイル栄養士サロン All Rights Reserved.